子供が高校生になり、遅くまで部活することが多いので、帰りは迎えに行くことが多くなりました。車に乗り込むとすぐに着替えが必要な場合もあり、今までの車では狭いと感じていました。遠征があると荷物も多く、これからのことも考え、車を買い替えることにしました。 Read More →

15年ぶりに髪を切った。かなりバッサリと。
「失恋?」なんて言ってくれる奇特な方もいたがそんなわけ無い。
もう53歳だっつうの。

ずっと切りたかったのだが、なんとなく踏ん切りがつかず。
でもようやく念願のショートヘアです。
Read More →

リウマチの検査にはたくさんの検査法があります。

 

今回はその中のいくつかの項目について、(リウマチには血液検査や尿検査、X線検査などがありますが今回はその中の血液検査について)その検査法と目的について説明したいと思います。

 

一つ目は抗CCP抗体の検査ですが、これは環状シトルリン化ペプチド(これを略してCCPと呼ぶ)に対する抗体をチェックする検査で、初期段階のリウマチの症状の患者の血液の中にもみられるので、リウマチの初期診断に利用されています。このCCPに対する抗体が多い患者はリウマチによる関節の破壊も抗体の量が普通の人と比べ早いため、メトトレキサートと利用して強い治療を開始します。 Read More →

ネットの口コミサイトをチェックすると、バストアップを目的としてプチ豊胸を受けた人がいかに多いかがわかります。

プチ豊胸手術はメスを使わずに行う美容整形手術であるため、気軽に受けることのできるバストアップの方法です。様々なバストアップの方法がありますが、その中でもヒアルロン酸を注入する方法が、特に多くの人が受けている美容施術です。

 

口コミ評価からも、身体にキズができず、軽い気持ちで利用できるところが喜ばれているようです。人間の体は、もともとヒアルロン酸をつくっていますので、外部から注入するヒアルロン酸が、体内で悪影響をもたらすリスクが低く済みます。

施術費用が安いのは、メスを使わず注射で済ませることができることと、施術に時間がかからないことです。時間の合間にヒアルロン酸を注入することも可能ですし、ダウンタイムが短いので所要時間が短く済むという魅力も大きいでしょう。デメリットをあげるとヒアルロン酸の種類にもよりますが、1年から3年程度で体内に吸収されてなくなってしまいます。

また、ヒアルロン酸を注入して行うバストアップは、0.5カップから、2.0カップぐらいです。大幅なバストアップを望むならば、もっと劇的な方法を希望する必要があります。

 

豊胸手術を担当してれる医者がどの程度の技術や実績を持っているのか、安心して任せられる人かを考慮に入れながらプチ豊胸施術をうけましょう。クリニックによって、サービスや施術の内容も少しずつ違っているので、口コミサイトなどで確認してみましょう。

施術前にはきちんとカウンセリングを受け、自分の希望に伝えておくことで、プチ豊胸手術を受けることで効果的なバストアップができます。

CRI_IMG_6005_TP_V

ホワイトニングのサイトはコチラ