膝痛を持っている人はまず膝の構造について理解する必要があります。

私たちが歩いたり走ったりしゃがんだりすることができるのは、体を支える3つの関節、足関節、股関節、ひざ関節という三つの関節があるからです。その中でもとりわけ膝は大事な役割を担っています。

 

例えば、膝痛を持っている人はまず私たちの膝について理解する必要があります。私たちが歩く際は、膝は体重の2倍から3倍もの重さを支えています。ですので、もし体重が60㌔なら一歩歩くごとに、120㌔から180㌔もの重量が膝にのしかかっているといえます。加えて、膝の関節は他の関節に比べて痛めやすい関節だと言われています。理由は膝の関節の構造がとても複雑だからです。膝の関節は、大腿骨と脛骨そしてそれらをつなぐ膝蓋骨(膝のお皿)から構成されています。

 

靭帯(骨どうしをつなぐ役割を持っている)、半月板(クッションの役割をしている)、そして膝の動きをコントロールする筋肉が存在することにより膝を伸ばしたり曲げたりすることができています。

加齢による膝痛にはタマゴサミンでクッション成分を摂取しよう

pose_ganbarou_woman

Comments are closed.

Post Navigation