自宅で気軽に美味しい水が飲めたり、すぐにお湯が使えるなどの利便性から自宅にウォーターサーバーを置く家庭が増えてきたと思う。

そのせいもあってか、ウォーターサーバーをレンタルしているメーカーも増え、どこのメーカーがいいのか?が難しくなったのではないだろうか?そんな時はウォーターサーバーのボトルの種類で決めてもいいだろう。

ウォーターサーバーのボトルにはビニール製のものとペットボトル製のものと2種類あり、各メーカーによって採用しているものが異なる。

ビニール製の特徴は容器自体が柔らかいので使い切った際に折りたためること。

しかし耐久力自体は決して強くなく、扱い方を間違えると敗れる危険性もある。

また、ボトルを保管する場所によってはビニールの成分が水に溶け、水に臭いがしみつく・・・なんて減少も起きかねない。

逆にペットボトルの方は使い終わった後もそのままの形を維持するため、どうしても場所がかさばってしまうデメリットがある。

ただ、ちょっとやそっとのことで水が漏れる心配はないし、水が臭くなる心配もない。

お互いメリットとデメリットはあるものの、個人的にはペットボトルタイプで提供しているウォーターサーバーのほうが安心して飲むことができるだろう。

例えばアルピナウォーターは水の衛生面ではかなり評判が高いので、候補の1つに入れてもいいかもしれない。

Comments are closed.

Post Navigation