FX投資では負けるのがとにかく嫌で目が疲れるまでパソコンとにらめっこしては、勝てる手法を探していました。

答えが出なくて手法を探していたらレンジ相場の上下で逆張りをするというのがあったので実践しました。

やってみると1分足のレンジだったり、1時間足のレンジだったりいろんなタイプがあると気付きます。

形状もピタリと止められて綺麗なもの、不規則なものがあります。1分足で5PIPSぐらいの綺麗なレンジが作られていたので狙ったことがあります。

損切りを2PIPSにすると引っかかると思ったので5PIPSに設定したらすぐに損切りになりました。

 

仮想通貨投資にマッチするビットフライヤー

http://xn--eck1cp6bm5g7a7ly692a8o6f.net/entry18.html

 

その後、長い髭を出して再びレンジに戻って行きました。その後何度も挑戦していますが利益と損失が釣り合わなくて勝てていません。1分足のレンジは、すぐブレイクしたり騙しが多く、損切り貧乏になって合わなかったです。

長時間足でも挑戦しました。大きな損切りが怖い私はレンジの上下でストップを10PIPSにしました。15~20PIPSぐらい逆行して戻ったため、損切りにあっています。

長時間足を狙う場合、もう少しリスクを許容しないとダメだし、その分利益が乗ったときは伸ばす努力をしないといけないと感じました。

このノウハウを活かして次は最近流行りの仮想通貨やビットコインなどの投資で頑張ってみたいと思ってます。

 

 

Comments are closed.

Post Navigation